観光・ハウツー・ショッピングなどの日本を体験する動画 802 本

エリア

都道府県

観光

観光

グルメ

グルメ

アクティビティ

アクティビティ

イベント

イベント

ショッピング

ショッピング

エンタテインメント

エンタテインメント

日本の生活・文化

日本の生活・文化

Doga-TV > > 日本の奇祭、愛知・国府宮はだか祭

日本の奇祭、愛知・国府宮はだか祭

関連動画

視聴回数: 267

0

0

感動をソーシャルでシェアしよう!

2016.06.01に公開 名前を聞くとびっくりする「はだか祭」は、日本各地で見られる祭りです。
中でも有名なのが、愛知県稲沢市国府宮で、毎年旧暦正月13日に開催されているもの。

この祭りの正式名称は「儺追神事(なおいしんじ)」といい、悪疫退散の祈祷が起源として約1250年前に始まったと伝えられています。
この神事と裸の寒参り風習が結びつき、江戸時代末期に現在のようなはだか祭の形態になりました。

祭りの参加者は、ふんどしなど裸に近い姿ですが、本当に真っ裸なのは、祈祷と神籤によって選ばれた「神男」(しんおとこ)の1人だけです。
この神男に触れると厄落としができるとの信仰があり、神男を触ろうと繰り広げられる肉弾戦が、この祭りの見どころです。
裸になれない人たちは、「なおい布」に願いを書き、それを「なおい笹」に結びつけます。
この「なおい笹」は、裸男たちにより境内へ担ぎ込まれ奉納されます。
「神男」が、ゴール地点である儺追殿へ引き上げられたとき、祭りはクライマックスを迎えます。

祭り本番前日には「大鏡餅」の奉納パレードが行われます。
大鏡餅には夏に病気をしないという信仰があり、祭りの翌日に切り分けられ、一般の方に販売されます。

感動をソーシャルでシェアしよう!