観光・ハウツー・ショッピングなどの日本を体験する動画 802 本

エリア

都道府県

観光

観光

グルメ

グルメ

アクティビティ

アクティビティ

イベント

イベント

ショッピング

ショッピング

エンタテインメント

エンタテインメント

日本の生活・文化

日本の生活・文化

Doga-TV > 観光 > 京都・伏見稲荷神社の昼と夜

京都・伏見稲荷神社の昼と夜

関連動画

視聴回数: 1,093

0

0

感動をソーシャルでシェアしよう!

2016.06.28に公開 非常に心躍らせてくれるたくさんの鳥居をくぐってみると、より日本を愛せるようになります。伏見稲荷神社は、稲荷駅からたったの3分のところに位置している山です。年間何千人もの外国人観光客が訪れる神社として非常に有名なところなのです。楼門の入り口をくぐっていくと、多くの神社やお土産物屋さんを見ることができます。鳥居をくぐって山を登って2時間の長距離ハイキングを行っても価値のあるところです。神社の入り口にある楼門が出迎えてくれますが、記録によるとこの楼門は、有名な将軍であった豊臣秀吉が1589年に寄付したとなっています。星の砂も同じです。門の後ろに宝殿として知られているメインの建物が経っています。1000を超えるオレンジ色の鳥居が無数に稲荷山の丘の上に広がっているのが、見えるが、この神社は旅行リストに入れるべき京都で最も印象的にで記憶に残る
観光スポットの一つです。この有名な神社は、8世紀平安時代の間に創られました。男女を表した神を意味する稲荷と言われているお米とお酒の神様に捧げられています。何世紀にわたって産業大国となったことで、神社へは幸せや仕事の繁栄を願いに訪れています。毎年年始には3万人を超える人たちで溢れると言われています。今日、伏見稲荷神社は、日本にある3万を超える稲荷神社のトップになりました。伏見稲荷神社は、稲荷山に位置する5つの神社で構成されています。ご本殿と楼門は、麓にあるのですが、メインの神社は頂上にあります。鳥居門と言われている鮮やかなオレンジ色が平行して永遠に連なっている4キロの素敵な小道を歩いていきます。午後遅くても午前の早い時間であったとしても非常に楽しく散歩することができるのです。一部の場所では、門同士がとても近い間隔で立っているので、太陽の光が入り辛くなっています。門に差し込む太陽の光が、赤く光るトンネルを創り出しています。これらの大きな鳥居は、個人、ビジネスマンや日本の企業が寄付されたものです。門の後ろ側に寄付された日付と寄付者の名前が書かれています。寄付は、40万円の小さな門から、100万円以上の大きな門まであります。道に沿って歩いていくと、小さな鳥居門のミニチュアと石に書かれたたくさんの狐があります。この狐は稲荷の使者として考えられてきたと言われています。口の中にある鍵は象徴的な物としてされています。ハイキングの終わりには、御土産物屋さんや食べ物屋さんがあります。お土産や地元の名物に出会える非常に良い場所です。伏間稲荷神社への行き方は?一番簡単な行き方は、京都から伏見神社へ電車に乗るルートです。たったの5分程度です。JRの稲荷駅は、JR奈良線で京都から2つ目の駅になり、桜門の目の前にあります。運賃は140円です。こちらの神社は常に空いており、入場料は無料です。

寺社・歴史に関連する動画
京都・伏見稲荷神社の昼と夜に関連するキーワード

感動をソーシャルでシェアしよう!